素材マメ辞典
HOME > 素材マメ事典 > 環境対策

環境対策

フジ製作所ではこれまで、つねに環境基準にあった安全な製品をお届けしてまいりました。私たちはオリジナルグッズやオリジナルファイルを作る際、ユーザーの立場に立ち、安全で価値ある製品をご提供することをモットーとしております。

高温で焼却できるようになって変わったPVCへの評価

PVC(塩化ビニール)は、ダイオキシンの発生要因といわれている塩素を含むことから、環境に悪影響を与えるものとされてきました。しかし、高温で焼却できる焼却炉が先進国を中心に世界のスタンダードとなろうとしている現在、「PVC=環境に悪い」という見解も見直しがされています。東京都などではすでに高温の焼却炉が整備され、ダイオキシンは100%発生しません。

現在では逆に、PVCは原料に石油を43%しか使わないことから、石油100%のオレフィンと比べ資源への貢献度は高いともいえます。

参考資料:PVCとオレフィンの比較

項目 PVC(塩化ビニール) オレフィン(非塩化ビニール)
ダイオキシンの発生 要因といわれている 塩素 塩素含む 塩素含まない
比重 1.31 0.91〜0.97
耐寒・
衝撃性
(一般軟質PVC0.4mm40PHR相当)耐寒試験データでは−10℃−15℃ オレフィン素材の最大特徴は耐寒性です。冬季に、硬くなる、などの影響を受けにくい。耐寒試験データでは、−40℃をクリアしています
移行性・
汚染性
ABS、PSなどに対して移行現象の可能性が大、コピー紙、感熱紙にも不向き オレフィン樹脂の大きな特徴でABS、PSに対しても非移行。コピー紙、感熱紙に対する汚染もOK(可塑性を含んでいないため)
収縮性 一般物性では良好 PVCに比べて引張強度、引張伸率が大きいため、加熱収縮もPVCより大きい。生産時でもPVCより大きい。二次加工(裁断加工)でも収縮率が増大する可能性があります
裁断適正 PVCはどのような裁断、抜き加工でも良好。 PVCと同じ条件では不可能、とくに多くを重ねての裁断は無理、寸法精度がでない。±5ミリ前後の誤差
軟燃性 自己消化性 燃えやすい
燃焼時発生ガス IICL、CO、CO2、O2 CO、CO2、O2
CO2排出量 (kg−C/kg) 0.38kg
PE
0.85kg

PP
0.85kg

PS
0.93kg

生産時でのエネル ギー消費量 (同比率) PVCを100として→塩ビ樹脂、年200万トン消費、石油に換算、340万kl、20万トンタンカー15隻分の省エネルギーになっています
リニア低密度PE
135%

リニア高密度PE
167%

耐衝撃PE
171%

PET樹脂
205%

PP
143%

資源の
貢献度
石油43% 石油100%
燃焼時発熱量
(カロリー)
4300KCAL/kg
PE
11,000KCAL/kg

PS
9,600KCAL/kg

PP
10,600KCAL/kg

安全性 厚生省20号に適合(食品衛生法・食品、添加物の規格基準) 厚生省20号に適合(食品衛生法・食品、添加物の規格基準)
主なリサイクル商品 マット、杭、ハンマー、ベンチ、農業資材、再生ペレットなど 育苗箱、杭、ハンマー、標識杭、プランター、再生ペレットなど(PE、PS)
PET:Yシャツ、不織布、カーペット、ファイルなどPS:ハンガー、フラワーポット、VTRケース、バインダー、ペン皿など